民話

 

まつばらの民話をたずねてへようこそ

はじまり・はじまり

 

はじめに 

 

松原市には、古い時代から伝えられている民話がたくさん残っています。民話はその土地で生まれ、その土地で育ち、その土地の言葉で、民俗、風習、考え方や母から子への思いなど、さまざまなものが折り重なり、混ざり合って語り継がれてきました。

「まつばらの民話を訪ねて」として、古代以来の五つの主要街道である長尾街道、竹之内街道、住吉街道、中高野街道、下高野街道沿いに語り継がれている民話を紹介していきます。
松原市は、古代から交通の要地にあって、政治上でも要地とされたことは記紀からも伺えることで、反正天皇が丹比柴籬宮をここに営まれたこともその一ついえます。

民話は、もともとその土地から生まれた習俗を伴ってできたものと、外から伝えられて土着化の推移を経たものに分けられます。外から伝えられたものは、道を通って人々の口をもって持ち込まれ、その土地の思想や体制によって形を変えるなどして、土着の物語として移り変わっていったのでしょう。

また、松原で生まれ育った民話も、この土地に住む人々が伝え残しておきたいことを語るとともに、土地の姿や松原の権威を外部から入ってきた人たちに語り伝え、それを聞いた人たちは同様に外部の人たちに語ったのでしょう。

この「まつばらの民話を訪ねて」は、約10年間にわたり大阪府文化財愛護推進委員の加藤孜子(かとうあつこ)さんに執筆していただきました。長い間ありがとうございました。

 

松原市