もっと先に、さらに前へ   

         

 

新年明けましておめでとうございます。市民の皆様におかれましては、希望に満ちた輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

さて、私は昨年5月、市民の皆様のご信託を受け、引き続き3期目の市政を担当させていただくことになりました。新たなステージとしてこれまでの取り組みをさらに推し進めるため、引き続き市民の皆様との協働により日本一のまちをめざし、松原市の未来のために「働きながら、子育てしやすいまち まつばら」「躍動するまち まつばら」「安心・安全快適なまち まつばら」「徹底した経営改革のまち まつばら」の4つのまちづくりをお示しするとともに、松原市を『もっと先に、さらに前へ』進めてまいります。

そのような中で、人口減少・高齢化の進展という全国的な課題の中、本市におきましても同様の課題を抱かえておりますが、人口獲得に向けた取り組みや、市民の皆様との協働の取り組みをさらに深化させ、松原市の10年後、20年後、30年後、未来を見据えたまちづくりをしてまいります。また、平成30年度の再認証を目指している大阪初のWHOセーフコミュニティ国際認証都市として、さらに、学校における安心・安全の取り組み活動によるインターナショナルセーフスクール認証取得など市民の皆様との協働の取り組みを推進し、スピードと行動力をもって市民目線に立ったまちづくりを引き続き進め、自信を持って次代を担う子どもたちに松原市を引き継ぐため、これからもあらゆる事にチャレンジしてまいります。 

どうか、皆様には、今後ともまちづくりに対してご支援ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

本年が皆様にとりまして、幸多き一年となりますことを心からお祈り申し上げまして、新年のご挨拶といたします。

 

 

 松原市長 澤井 宏文