松原市消防本部では、9月11日(火)をもって「火災による死者ゼロ1300日」を達成しました。

平成27年2月に火災による死者が発生して以来、1300日間死者を出していません。

これは、地域の皆様の高い防火意識と消防団をはじめ、婦人防火クラブ、火災予防協会など各関係機関との協働で火災予防に取組んだ成果です。これからも引き続き「2000日」、「3000日」と継続を目指します。

火災から命を守るため住宅用火災警報器を設置しましょう。また、設置後10年を目安に取り替えましょう。

住宅用火災警報器維持管理アンケートの様子

まつばら市民まつりにて住宅用火災警報器設置促進、維持管理に関する広報を実施している様子

 

問:松原市消防本部予防課(332-3304)