大阪府において6月は危険物安全月間です。また、6月4日から10日までが全国危険物安全週間になっております。平成29年度の危険物安全週間推進標語は、『あなたなら 無事故の着地 決められる!』です。

 

危険物とは何か?

消防法で定められているもので、『火災発生の危険性が高い、火災拡大の危険性が高い、消火の困難性が高い』物品をいいます。

私たちが生活する中で身近に知られている危険物といえば、ガソリン・灯油・軽油などの石油類が当てはまります。取扱方法を誤れば火災を発生させる大変危険な物品です。身近で簡単に手に入る危険物であるからこそ、この機会に取扱方法に注意し、その危険性を理解する必要性があります。

 

ガソリンなどの取扱・保管方法

 ・ガソリンは、揮発性が非常に高い物品です。携行缶でガソリンを保管している場合は、使用前に必ず缶内の圧抜きを行ってから、タンクキャップを開けるようにしましょう。

・携行缶の保管場所は、火気・高温・直射日光を避け、風通しのある場所に保管するようにしましょう。

・不要になった危険物は、下水などに流すと火災や環境汚染などに繋がってしまいます。不要になった危険物は、ガソリンスタンドなどに処分を依頼しましょう。