1.火災発生事例

 男性が夕飯調理中に虫に殺虫剤(スプレー缶)を噴射、ガスこんろに引火。火災発生。

2.スプレー缶の火災危険

 ・調理中に虫駆除のため、殺虫剤噴射、ガスこんろの火に引火

 ・スプレー缶をごみに出すために、中身のガスを使い切るために流し台で噴射、ガスこんろに引火

 ・タバコを吸いながら、制汗スプレーを噴射、タバコの火に引火

 ・バーベキューでカセットこんろに大きな鉄板をのせて焼きそば、輻射熱で破裂

3.出火原因

 スプレー缶の中には、LPG(液化石油ガス)などの可燃性ガスが入っています。スプレー缶の廃棄方法や取り扱い方法の不適で火災が発生しています。

4.火災を防ぐために

 ・使用前に必ずスプレー缶の使用上の注意事項を確認して、使用すること。

 ・火の気のある場所では使用しない。

 ・保管する場合は、火の気や暖房器具の近くなどの高温となる場所や、直射日光の当たる場所などを避ける。

 ※廃棄する際のガス抜きでは、内容物の残量や換気の状況を十分に確認してください。

5.万が一、火災が発生した場合は

 ・周囲の人に火災を知らせる。

 ・119番通報をする。

 ・消火器があれば使用し、初期消火。