1.  改正の背景・目的 

 対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令(平成14年総務省令第24号)の施行後10年以上が経過し、当初想定していなかった設備及び器具が流通してきたことから、それらへの対応を図るため、 上記省令の一部を改正する省令(平成27年総務省令第93号)が公布され、これに伴い、当該設備及び器具に係る離隔距離(可燃物等との間に設けるべき火災予防上安全な距離をいう。)に関する規定を整備するなど松原市火災予防条例の改正が行われました。

 2.  主な改正内容

(1)ガスグリドル付こんろの別表第1への追加                               ・グリドル付こんろに係る離隔距離について、別表第1に追加するとともに、従前から同表に規定されているこんろ及びグリル付こんろと同様の離隔距離とします。

(2)別表第1におけるIH調理器の最大入力値を5.8kWに引き上げ                      ・最大入力値が5.8kW、1口当たりの最大入力値が3.3kWである電磁誘導加熱式調理器及びその複合品(こんろ部分の全部が電磁誘導加熱式調理器のものに限る。)に係る離隔距離について、別表第1に追加するとともに、従前から同表に規定されている電磁誘導加熱式調理器及びその複合品と同様の離隔距離とします。また、電気を熱源とする複数の調理器具を「電気調理器具」とし、発熱体の種類ごとに整理します。

 

    

       ガスグリル付こんろ           ガスグリドル付こんろ

※本改正の施行期日は、平成28年4月1日とします。