住宅用火災警報器は設置後10年が交換の目安です。

 新築住宅は、平成18年6月から全国で設置義務化され、今年で10年を迎えます。電池の交換だけでなく、感知機能の劣化も考えられることから、設置から10年を目安に本体交換を推奨しています。

 

・定期的に作動点検をしましょう。

 警報器からぶら下がっているひもを引くか、ボタンを押すことで作動点検を行えます。正常な場合は、メッセージまたは火災警報音が鳴ります。音などが鳴らない場合は、電池を確認してください。それでも鳴らない場合は機器の故障です。