不適切な訪問点検による高額請求を防ごう!

 最近、近隣市では事業所や工場を狙い消火器や消防設備の訪問点検で高額な点検費用を請求されるという事案が多発しています。

このような事案を未然に防ぐため手口と対処方法を身につけましょう。

 

~手口と対処方法~
訪問点検業者の手口 対処方法
1.いつもきている業者を装い、事前に電話連絡をするなど安心させる。 1.点検を承諾する前に契約業者か確かめ身分証明書等の提示を求める
2.消防本部(署)からの依頼だと装う 2.消防本部(署)が点検を依頼したり、消火器などの販売をすることはない
3.内容を説明せず書面(契約書)にサインを求める 3.書面(契約書)の内容を確認し、うかつにサインしない
4.高額な代金を請求する。 4.請求金額の値引き要求をすると契約を認めたことになるため注意する。
5.不適切な点検を行う 5.点検の実施には立ち合い、消防設備士免許等の免許を保持しているか確認する。