平成25年8月15日に福知山花火大会会場において、多数の死傷者を出す火災が発生し、火災原因について調査が行われています。

 今後、市内において、運動会や秋祭り等の催し物が行われることから、同様の事故を防止するため、火気を使用する屋台等の防火安全対策が重要になります。ガソリン等の使用・貯蔵・取扱いや火気の使用について以下の点に注意して下さい。

火気厳禁

 ガソリンは引火点がマイナス40℃と低く、容易に火災に至る危険性がある物質です。屋台等で使用する場合は、消火器を備えてください。

取扱注意

 直射日光やストーブの近くなど、高温となる場所に置かないで下さい。また、必ず消防法令により定められた金属製容器を使用して下さい。

携行缶について

 ガソリン容器から蒸気が流出することがないように密栓するとともに、フタを開ける前には、圧力調整弁を開き「こぼれ・あふれ」がないよう細心の注意を払って下さい。

 

詳しくは下記リーフレットを確認して下さい。

ガソリンの取扱いに注意して下さい。 [340KB pdfファイル]  

消防本部からのお願い

 地域のお祭りやイベントの代表者は、火気器具、発電機、プロパンガスボンベを使用する屋台等を出店する時には消防本部(072-332-3102)までお知らせ下さい。