澤井宏文市長が東日本大震災で被災した宮城県に対し「災害見舞金」、また同県東松島市の小学校・中学校へ「災害義援金」をお届けしてまいりました。
 災害見舞金については、松原市議会第1回定例会(2月28日から3月23日)で補正予算として計上、可決されたもので、4月5日、澤井宏文市長が宮城県庁を訪れ、直接、若生副知事に手渡してまいりました。
 また、昨年9月に松原市が独自で制定した義援金募集要綱に基づき、今年3月末まで市民の皆様よりご寄附いただきました東日本大震災災害義援金を津波によって校舎を失った東松島市立野蒜小学校および鳴瀬第二中学校へ手渡してまいりました。多くの市民の皆様のご協力をいただき、誠にありがとうございました。
 なお、金額は以下のとおりです。

 

 

◆災害見舞金

宮城県         1,000,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

◆災害義援金

東松島市立野蒜小学校    539,796円
東松島市立鳴瀬第二中学校  500,000円

合計          1,039,796円