北方領土とは、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島のことをいいます。北方領土は、一度も外国の領土になったことがない、日本固有の領土です。
 北方領土は第二次世界大戦の終了直後、ソ連軍によって不法に占拠され、1945年から現在に至るまで、ロシアの不法占拠下にあります。北方領土を一日も早く返還してもらい、日本の重要な隣国であるロシアとの間に、真の相互理解に基づく友好関係を確立しなければなりません。

 

●2月7日は北方領土の日です!
 北方領土問題に対する理解と関心を深め、全国的に北方領土返還運動を推進するため、1981年1月の閣議了解により、毎年2月7日を北方領土の日とすることが定められました。
 1855年(安政元年)2月7日に、伊豆の下田で日露通好条約が調印され、択捉島とウルップ島の間に国境を定め、択捉島以南の北方領土を日本固有の領土とすることが国際的に定められました。

 

●2月と8月は北方領土返還運動全国強調月間です!
 この「強調月間」は、昭和61年に、返還運動を推進するための地域基盤として各都道府県に設置されている県民会議の全国会議において、全国で返還要求運動をより積極的に展開するために設定されました。

 

●リンク
 内閣府北方対策本部ホームページ
  (メッセージフリップ企画について)
  内閣府では、北方領土返還に向けた想いを書いたメッセージフリップを掲げたスナップ写真を募集しています。
  詳しくは、上記ホームページを御覧ください。

 外務省(各国地域情勢・ロシア連邦)ホームページ

 独立行政法人北方領土問題対策協会ホームページ

 北方領土返還運動推進大阪府民会議ホームページ