(個人情報保護制度とは)

市が持っている情報の中に含まれている市民のみなさんに関する情報を保護しようとする制度です。みなさんが、自分に関する情報を知りたいときは、それを請求をしたり、取扱いに不満があるときは、訂正、利用停止又は是正を求めることができます。

(請求できる人)

市で保有する個人情報(以下「保有個人情報」といいます。)の本人
死者の保有個人情報にあっては、その配偶者、子、父母等
未成年者又は成年被後見人の法定代理人(保有特定個人情報にあっては、未成年者若しくは成年被後見人の法定代理人又は本人(未成年者又は成年被後見人にあってはその法定代理人)の委任による代理人)

(保有個人情報の開示等の請求)

開示請求により、保有個人情報の内容の閲覧や写しの交付を請求できます。
訂正請求により、保有個人情報の内容が事実と異なっているときに、その訂正を請求できます。
利用停止請求により、保有個人情報の適正な取得、利用、提供等の取扱いに関する規範の実効性を担保するため、保有個人情報の収集の制限、利用の停止又は消去、提供制限を請求できます。
是正の申出により、保有個人情報の取扱いが条例に違反して不適正なときに(正当な理由がなく外部に提供している場合など)、その是正を申し出ることができます。

(開示できない保有個人情報)

  • 開示してはならない保有個人情報
    1. 法令等の規定により、開示することができないもの
    2. 第三者に関する情報が含まれる情報であって、開示することにより、当該第三者の正当な権利利益を害するもの
  •  開示しないことができる保有個人情報
    1. 個人の評価、診断、判定、指導、相談、選考などに関するものであって、開示しないことが適当であるもの
    2. 開示することにより、公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすもの
    3. 国や他の地方公共団体と協力して行う事務又はそれらから依頼、協議などを受けた事務に関する保有個人情報であって、開示することにより、その協力関係に著しい支障があるもの
    4. 行政機関が行う取締り、立入検査、許可、認可、試験、入札、交渉、渉外、争訟などの事務に関する保有個人情報であって、開示することにより、その事務事業の実施の目的を失わせ、又はその事務事業の円滑な実施に著しい支障があるもの
    5. 松原市情報公開、個人情報保護審査会の意見を聴いた上で、公益上開示しないことが適当であると認められる保有個人情報

(手数料等)

情報の閲覧又は視聴に係る費用は無料です。
情報の写しの交付又は送付の費用については実費をいただきます。

(救済手続)

開示請求した情報を、実施機関が非開示などの決定を行った場合は、実施機関に対して審査請求をすることができます。審査請求があれば、実施機関は松原市情報公開・個人情報保護審査会に諮問し、その答申を尊重して審査請求に対する裁決を行います。松原市情報公開・個人情報保護審査会とは、学識経験者5人以内で構成される第三者機関です。

(罰則)

保有個人情報の適正な取扱いの確保を図るために、保有個人情報を漏洩等した職員(アルバイト等の職員を含む。)、派遣労働者、受託業務従事者又は指定管理施設従事者に対し罰則を科します。

(申請書のダウンロード)

申請書の種類

委任による代理人の場合(保有特定個人情報に限る。)は委任状が必要です。

松原市個人情報保護条例手引書のダウンロード [774KB pdfファイル]    

 (請求から開示・訂正、削除までの流れ)

請求から開示・訂正、削除までの流れ