熱傷したとき

まず熱傷の程度を調べます。

 

熱傷の深さ

  • 赤い Ⅰ度熱傷
  • 水疱か、水疱が破れた状態 Ⅱ度熱傷
  • 白っぽい Ⅲ度熱傷

熱傷の広さ

  • 傷病者の片手の手のひらの面積が、体表面積の1%と考えて、熱傷面積を調べます。

熱傷の程度が次の場合は重症です、すぐに医療機関で処置を受けてください。

  • Ⅱ度熱傷で、体表面積の30%以上の熱傷
  • Ⅲ度熱傷で、体表面積の10%以上の熱傷
  • 顔の熱傷で、Ⅲ度の熱傷または鼻毛がこげたり、痰が黒色になってる熱傷

※ 老人や乳児では、熱傷の広さがせまいときでも、重傷となる場合があります

 

比較的軽い熱傷のとき

  • できるだけ早く、きれいな冷水で15分以上痛みがなくなるまで冷やす。
  • 十分冷やしてからきれいなガーゼをあて、包帯などをする。

 

熱傷をしたときの注意

  • 靴下など衣類を着ている場合は、衣類ごと冷やす。
  • Ⅰ度で広い範囲の熱傷の場合は、体が冷えすぎないように注意する。
  • 水疱を破らないようにする。(流水を直接患部に当てない)
  • 薬品をぬってはいけません。

熱傷をしたときの注意