もし、火事になったら

1 とにかく大きな声で家族や隣近所の人に知らせましょう。

2 安全な場所から119番通報してください。

あわてずに、しっかりと通報できるように電話のそばに下記のような「通報メモ」を貼っておくといいですね。

119番通報メモ
  1. 火事(怪我人などがいる場合は救急も)の発生を告げます。
    火事です。(救急です。)
  2. 火事、あるいは事故が発生した場所を伝えます。
    松原市○○×丁目□□番△△号
    アパート・マンションの場合、マンション・アパート名
    ○○マンション○階○○○号室××です。
  3. 近くに目標となる建物、交差点名などを言います。
    (○○小学校の東側、○○2丁目の交差点付近など)
    目標は、○○小学校の東側です。
  4. どんな状況かを話して下さい。
    (火事の様子やケガの状況など、およその状況を伝えます。)
    木造住宅の2階が燃えています。
    (病人、ケガ人がいます。)
    わが家の電話番号(33X-XXXX)

3 初期消火

一家に一台、消火器を備えておきましょう。
消火器や水は、火元をめがけてかけることが大切です。
消火は、自分の逃げ道を確保してから始めましょう。

4 避難

いったん家の外へ出たら、絶対に中に戻ってはいけません。
水で湿らしたタオルなどを口や鼻にあてて避難しましょう。