「住宅用火災警報器」の設置が義務化されました!!

平成16年6月に消防法が改正され、全国一律に戸建て住宅やマンション等(自動火災報知設備が設置されているものを除く)において、住宅用火災警報器の設置が義務付けられ、設置及び維持の基準については、松原市火災予防条例で定められました。

  • 住宅用火災警報器新築住宅は平成18年6月1日から設置が義務付けられました。
  • 既に建っている住宅は、平成23年6月1日から義務化となりました。                           大切な命を守るため1日でも早く設置しましょう。

住宅用火災警報器とは

煙または、熱を自動的に感知し警報を鳴らして火災の発生を知らせます。

  • 簡単に取付けることができる「乾電池式」のもの
  • 100V電源を使用する「家庭用電源式」のものがあり、どちらも効果はおなじです。

 

住宅用火災警報器図は、煙式の住宅用火災警報器で天井に
取付けるタイプです。(壁面に設置するタイプもあります。)

松原市火災予防条例では、寝室、階段等
に煙式の感知器が義務設置となります。

すでにお住まいの住宅には、乾電池式の住
宅用火災警報器がおすすめです。
(配線が不要で自分で簡単に取付けることが可能です。)

 

なぜ義務化されたのか

 ここ数年、建物火災による死者数が急増しており、中でも私達が生活を営む住宅での火災は、建物火災の6割を占めており、死者数については、建物火災の9割を占め、平成16年には1,000人を超える最悪の状況になりました。また、住宅火災での死者の約7割が逃げ遅れによりなくなられています。(約6割が65歳以上の高齢者です。)

 このような状況から火災の発生を早期に知らせ、住宅火災による死者をなくすため、住宅用火災警報器が義務化されました。

なぜ義務化されたのかなぜ義務化されたのか

 


住宅用火災警報器(煙式の感知器)を設置しなければならない場所は、次のとおりです。

(1) 寝 室

普段の就寝に使われる部屋に設置します。
子供部屋や居室なども、就寝に使われている部屋は対象となります。

(2) 階 段

寝室がある階の階段
寝室がある階から、2つ下の階の階段
(その階段の上端に警報器が設置されている場合は不要)

(3) その他

寝室を除く居室(床面積7平方メートル以上)が5以上ある階の廊下

 

具体例


 


《 一階建て 》

一階建


《 二階建て 》

二階建1二階建2二階建3


《 三階建て 》

三階建1三階建2三階建3三階建4三階建5三階建6三階建7


《 警報器を設置する必要がなかった階で寝室を除く居室(7平方メートル以上)が5以上ある階 》

警報器を設置する必要がなかった階で寝室を除く居室(7平方メートル以上)が5以上ある階

 

設置する位置については、次のとおりです

天井へつけるときは、ここに注意

天井へつけるときは、ここに注意天井へつけるときは、ここに注意

壁の取り付けは、ここがポイント

壁の取り付けは、ここがポイント

エアコン、換気口などの吹き出し口から、1.5メートル以上離れた位置に取り付けて下さい。

 壁の取り付けは、ここがポイント

不適正な訪問販売にご注意を!!

不適正な訪問販売にご注意を!! 消防職員が一般住宅を訪問し、住宅用火災警報器を販売することはありません!


悪質業者のなかには、消防署といった公共機関の人間を装って家を訪れ、販売するのが一般的な手口で、あたかも消防署員のような服装や言動で訪問し、勧誘する業者には、十分注意して下さい!

 


不適正な訪問販売にご注意を!! 「今だけ」 「あなただけ」などと契約を急がせる業者には要注意!


訪問販売の業者と契約するときは、その場ですぐに契約をするのではなく、本当に必要なものかどうかをよく考え、他の業者と見積もりを比較するなど、十分考えましょう。

 

 

 

住宅用火災警報器は、購入後の無条件解約の申出(クーリング・オフ)の対象となっています。

松原市消費生活相談コーナー

Tel:072-337-3112

大阪府警察本部悪質商法110番

Tel:06-6941-4592

「おかしいな」と思ったり、被害にあったときは、すぐに相談を

 

住宅用火災警報器の購入

ホームセンターや防災設備取扱店で購入できます。

住宅用火災警報器取り付けたそのあとに

 住宅用火災警報器

住宅火災による死亡事故の多くは、火災の発生に気づくのが遅れ、逃げ遅れてしまったことが原因です。早く気がつけば大部分の人が助かったかもしれません。このことから消防法が改正され火災で発生する煙や熱を素早く感知し、警報音などで火災を知らせる「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられました。

住宅用火災警報器は、火災の発生をいち早く知らせてくれる大変有効なものです。しかし、火災の発生を知ったその後の行動が適切でないと被害が拡大してしまうこともあります。このリーフレットでは、住宅用火災警報器が鳴ったときの対処方法や「いざ」というとき住宅用火災警報器がきちんと働くために大切な日ごろの点検・お手入れなどについてお知らせします。

 

1.住宅用火災警報器が鳴った場合

まずは周囲を確認してあわてずに行動しましょう

住宅用火災警報器の普及に伴い、電池切れ等による警報音を火災と間違え、消防への問い合わせが多くなることが予測されます。119番通報する前に周囲を確認し、まず「火災」か「火災でない」かを調べ、次の行動をしましょう。 

火災の場合

火災でない場合

火元を確認しましょう。

『煙が少し出ている』『炎が少し見える』といった場合は消火器などで消してくだい。

『煙が充満している』『炎が天井まで立ち上っている』といった場合はすぐに避難し、周囲に大きな声で火災の発生を知らせてください。

119番通報を忘れずに

異常がないか周囲をもう一度確認しましょう。

火災以外でも次のような場合には住宅用火災警報器が鳴ることがあります。

(1) 調理時に大量の煙や湯気が発生したとき。

(2) くん煙式殺虫剤を使用したり、スプレー式殺虫剤が直接かかったとき。

ひんぱんに鳴る場合は、取り付け位置を変更してください。

 

 


 

 

 

 

  

 

近隣で警報器が鳴っていた場合

煙や炎が出ていないか確認してください。

火災の場合は119番通報し、周囲に火災の発生を知らせてください。

初期消火、避難誘導、消防隊の誘導などにご協力をお願いします。

 

 

2.使用していく中での注意点

警報音の止め方(火災でないことを十分に確認しましょう)

● 警報器に付いている警報停止ボタンや、ひもを引くなどして警報音を止めることができます。

● あわてずに、落ち着いて対処しましょう。住宅用火災警報器は高いところに設置されているので、イスなどを使う場合は転落に気を付けましょう。

● 長い時間鳴っていると、電池の寿命が短くなりますので注意してください。

● 詳しくは、購入した際に付いている取扱説明書を確認してください。

点検

点検方法はひも式とボタン式があり、機種によって異なります。取扱説明書を確認してから点検してください。

1ヶ月に1回程度、作動点検をしましょう。

警報器のボタンを押す、ひもを引くなどして確

認できます。

次のときにも必ず作動点検をしてください。

(1)初めて設置したとき (2)設置場所を変えたとき

(3)掃除をしたとき   (4)長い間留守にしたとき

(5)故障や電池切れの疑いがあるとき

 

掃除

ほこりやくもの巣などが付くと、火災の煙を感知しにくくなります。

1年に1 回は、乾いた布でふき取りましょう。

次のことは絶対にしないでください。故障や破損の原因になります。

(1)ベンジンやシンナーなどの有機溶剤は絶対に使わないでください。

(2)水洗いは絶対にしないでください。

 

電池切れ

最新機種の多くは、電池寿命は10年です。購入後、10年たったら、本体ごと交換しましょう。

詳しくは、購入した際に付いている取扱説明書を確認してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ※住宅用火災警報器が故障した場合などは、お求めになった販売店やメーカーに問い合わせをしてください。

3.悪質な訪問販売等にご注意ください!

消防職員が、住宅用火災警報器や消火器などを訪問販売することありません。

【被害に遭わないために】
● 相手(セールスマン等)の会社名や訪問販売の目的を確認すること。
● 安易にドアを開けず、玄関に入れないこと。
● 消防職員等といった官公庁職員を装った訪問販売の場合は、職員証などの身分証明書の提

示を求めたり、当該事業所に職員が在籍しているかどうか確認すること。       
● ○○関係者等と身分を偽ったり、キャンペーン中なので安いなどの事業者等の巧みなセー

ルストークに注意すること。

● 契約の意思がない場合には、あいまいな返事をせずキッパリ断ること。
● 迷ったときはその場で契約しないこと。
● 事業者の説明と契約書の記載内容が違っていないか、よく確認すること。

日本消防検定協会の鑑定マーク

  【問い合わせ】

松原市消防本部 予防課(Tel 332-3304)
住宅用火災警報器相談室(Tel フリーダイヤル 0120-565-911)
(受付時間:土日祝祭日を除く9時から17時まで)
住宅防火対策推進協議会 http://www.jubo.go.jp/