A.65歳以上の人、または60歳から65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器機能などに障害を有する人については、費用の一部を市が負担し、1,000円の自己負担だけでインフルエンザの予防接種を受けることができます。
  補助の対象となる接種回数は実施期間内で1回です。接種を希望する人は、年齢・住所確認ができるものと健康手帳を持参し、市内約60カ所の指定医療機関に予約をした上で接種してください。なお、指定医療機関名などの詳細は、地域保健課にお問い合わせください。
 また、老齢福祉年金受給者で非課税世帯または生活保護基準を下回る人については、自己負担免除となりますので申請してください。
 インフルエンザの流行時には、補助の対象とならない人もかかりつけの医者と相談し、予防注射を接種するなどインフルエンザの予防に努めましょう。

問合せ 地域保健課