夏は、虫にご用心ください。
近年、蚊・マダニ・ヒアリなどの虫を媒介にした感染症が流行しております。夏場は肌を露出する機会が増えますので特に注意が必要です。長袖、長ズボンの着用をするとともに、市販の虫よけスプレーなども使用してください。

 

蚊が媒介する主な感染症

  • 日本脳炎
  • ジカ熱
  • デング熱

マダニが媒介する主な感染症

  • SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
    ※今般、発熱・衰弱等に加え血小板減少等の所見が見られた飼育ネコ及び飼育イヌの血液・糞便からSFTSウイルスが検出された事例並びに体調不良のネコからの咬傷歴があるヒトがSFTSを発症し死亡した事例が確認されました。
  • 日本紅斑熱

ヒアリの注意事項

ヒアリの毒は、ハチ毒との共通成分などが含まれており、ヒアリに刺された経験がなくてもハチ毒アレルギーを持つ方は特に注意が必要です。

 

※予防法、刺された時の対応については、下記関連サイトをご参照ください。

 

マダニ・ヒアリ・蚊対策関連サイト