こんな症状に注意!  

  熱中症は、体の水分と塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が破綻するなどして起こります。初期の症状として、筋肉に痙攣や痛みを伴う症状があらわれます。症状がすすむと、吐き気や嘔吐、力がはいらないなどの症状があらわれます。さらに重症になると意識障害や痙攣をおこしたり、体温が著しく上昇し、最悪の場合は死亡する可能性もあります。

   特に高齢者の方はのどの渇きに対する感覚が鈍くなって脱水状態になりやすく、暑さに対する感覚が鈍くなって発汗など体から熱を逃がす機能も低下するので、注意が必要です。 

 

熱中症を予防するために

  • 室内でも通気を良くするなどして、暑い場所に長時間いることは避けるようにしましょう。
  • お茶、水、スポーツドリンクなど、水分をこまめにとるようにしましょう。
  • 体調がわるいときは、無理をしないようにしましょう。
  • 外出時は帽子などを着用してできるだけ直射日光を避けましょう。

 

熱中症かな?と思ったら

  • まず室温をできるだけ下げて涼しくしましょう。
  • からだが熱いときは、冷たいタオルや氷のうなどで冷やしましょう。(特に頚部、わきの下、股関節などに当てて、皮膚の直下を流れる血液を冷やすことも有効です。)
  • 冷たいスポーツドリンクなど、水分をとりましょう。

  以上のことができないとき、実施しても症状が改善しないとき、さらにめまい、吐き気があったり、意識がはっきりしないなど重症の疑いがあるときは、早めにお近くの医療機関を受診したり救急車を要請してください。

 

 熱中症に関するリンク

 ※外部サイトを別ウインドウで開きます。

環境省 熱中症予防情報サイトより
国立環境研究所 熱中症予防情報より
気象庁ホームページより