平成29年度国民健康保険料について

 

 国民健康保険は、不意の病気やけがに備えて、加入者の皆さんがお金を出し合い、国や府・市・支払基金からの補助金などを併せて医療費にあてる相互扶助で成り立つ社会保障制度です。

 松原市に在住で、会社・職場の健康保険などに加入している方、後期高齢者医療制度の被保険者、生活保護を受けている方以外の人は全員加入しなければなりません。(国民皆保険制度といいます。)

 また、3ヶ月を超えて適法に日本に滞在すると認められた外国人の方も国民健康保険に加入することになっています。

 加入者の皆様には、医療を受ける「権利」と同時に、保険料を納める「義務」があります。

 保険料を滞納すると、差押等の滞納処分を受けることがあります。

 

▼保険料の決め方

 保険料の算出方法は、その年に予測される医療費から病院などで支払う一部負担金や国などからの補助金などを差し引いた分が保険料の総額となります。それを所得割・均等割・平等割に割り振り、それらを組み合わせて世帯ごとの保険料を決定します。

 

 

                 国民健康保険料= 所得割 + 均等割 + 平等割

  

保険料の料率と限度額

H28年度

H29年度

説    明

医療保険分

所 得 割

8.90%

9.21%

加入者の所得金額に応じて計算

均 等 割

29,880

30,840

加入者数から計算(1人あたり)

平 等 割

22,440

22,680

加入世帯から計算(1世帯あたり)

賦課限度額

52万円

54万円

医療保険分の最高限度額

   後期高齢者

   支援金分

所 得 割

3.20

3.29

加入者の所得金額に応じて計算

均 等 割

8,760

9,000

加入者数から計算(1人あたり)

平 等 割

6,600

6,600

加入世帯から計算(1世帯あたり)

賦課限度額

19万円

19万円

後期高齢者支援金分の最高限度額

 

  介護保険分

所 得 割

    2.99

   3.22

加入者の所得金額に応じて計算

均 等 割

 10,320

 10,920

加入者数から計算(1人あたり)

平 等 割

   5,400

 5,640

加入世帯から計算(1世帯あたり)

賦課限度額

    16万円

 16万円

介護保険分の最高限度額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               

      

※所得割を計算する際には、総所得から33万円の基礎控除を引いた額で計算します。

※40歳以上65歳未満の人は、介護保険の第2号被保険者となりますので、介護保険分を国民健康保険料と一緒に納めていただくことになります。

 

  

平成29年度保険料率

   松原市では、収納率は向上しているものの、高齢化や医療技術の高度化により増大する医療費が国保会計を圧迫し、累積赤字を抱え非常に厳しい運営状況にあります。

 このような財政状況を踏まえ、また、医療保険制度を維持していくため、保険料率と賦課限度額の改定を行いました。

国民健康保険の健全な運営のためには、加入者の皆様に制度の趣旨をご理解いただき、納期内に保険料を収めていただくことが不可欠です。保険料の納期内納付にご協力をお願いします。

 

 

 

国民健康保険料の支払方法は、口座振替となっております。

 国民健康保険料の納付は、口座振替となっております。口座振替をご利用になると、毎月の納付の期限を気にする必要がなくなり、うっかり納め忘れるという心配もありません。また、お支払に行く手間も省けて大変便利です。

  市内の金融機関や保険年金課窓口で、銀行通帳等の口座番号がわかるものと銀行の届出印があればその場で手続きできます。

 

 

国民健康保険料の納付が困難なときは早めの相談を! 

 国民健康保険料は、医療費を賄う貴重な財源です。

 加入者の皆様には、医療を受ける「権利」と保険料を納める「義務」があります。

 毎月の納期までの納付にご協力お願いします。

 保険料の支払いが困難な方は、早めに保険年金課へご相談下さい

 災害や失業などやむ得ない事情(特別な理由)により、保険料が払えない場合は、減免、分割納付などが認められる場合がありますのでお早めにご相談下さい。


    保険年金課
    〒580-8501 松原市阿保1丁目1番1号
               TEL:072-334-1550