高齢者福祉の手引き

高齢者福祉の手引き

下記の高齢者向けサービスを紹介した冊子版です。(平成29年4月)


こちらからダウンロードできます。20170607-114920.pdf [803KB pdfファイル] 

 

生活支援や見守りが必要な高齢者向けサービス

 ショートステイ事業

65歳以上の介護保険非該当の一人暮らしの高齢者などで、基本的生活習慣が欠如している人が、原則7日間程度老人ホームなどで一時的に宿泊することにより、生活習慣の改善と体調調整を図ります。
期間 7日間(ただし、事情があるときは最小限度で延長することができます)

日常生活用具給付・貸与事業

おおむね65歳以上の日常生活を営むのに何らかの支障がある高齢者に対し、日常生活用具の給付等を行い、その人が在宅での生活をより長く過ごすことができるよう便宜を図ります。
(世帯状況、所得状況に応じて、対象品目の制限があります。)

・対象品目
自動消火器、火災報知器、電磁調理器
・福祉電話の貸与
一人暮らしの高齢者に、定期的に安否の確認ができるように電話の貸与をしています。

 

緊急通報装置レンタル事業

一人暮らしの高齢者に、ボタンひとつで看護師が常駐する受信センターにつながり、消防署に連絡できる緊急通報装置のレンタルをしています。世帯の所得状況によってレンタル料金が発生する場合があります。(NTTのアナログ回線のみ)
(ただし、利用目的は身体状況に関わる場合のみです。防犯対策には対応しておりません。)

様式第1号 20170627-114837.doc [45KB docファイル]  

様式第2号 20170627-115716.doc [40KB docファイル] 

寝具乾燥サービス事業

寝たきり、一人暮らしの高齢者を対象に、寝具の乾燥サービスを行っています。
業者が訪問し、布団1組を乾燥します。
対象  65歳以上の所得税非課税世帯の人
費用  無料

20170627-113921.doc [62KB docファイル] 

福祉タクシー料金助成事業

65歳以上で介護保険制度における要支援2以上の認定を受けている在宅の人に、生活行動範囲の拡大と社会参加をしていただくため、タクシー(市と契約した協力機関のみ)を利用する場合に使用できる助成券を月2枚交付します。
<助成内容>
(1)福祉タクシー 1乗車につき500円助成
(2)福祉リフト付きタクシー 1乗車につき1,400円(対象者は、要介護4・5の認定を受けている人 (1)との選択)

20170607-115416.docx [14KB docxファイル] 20170607-115451.pdf [70KB pdfファイル] 

老人入所措置事業

生活環境、経済的状況などにより在宅が困難な高齢者に対し、養護老人ホームへの入所の手続きをします。

高齢者在宅福祉金支給事業

在宅の要介護高齢者に対し、その経済的負担の軽減を行うことにより、在宅要介護高齢者の福祉の向上を図ることを目的としています。
対象  市内に住居し、かつ、住所を有する65歳以上の方で、介護保険制度における要介護4・5の認定を受けて生活が3か月以上経過した人
支給額  月額7,000円
支給の制限
1.特別障害者手当および大阪府重度心身障害者介護手当を受給している人
2.生活保護受給者で障害者加算を受け、介護料を受けている人
3.施設・病院などに入所・入院している人

在日外国人高齢者福祉金事業

在日外国人で、年金制度上の理由により、国民年金の老齢年金等を受給できない高齢者に福祉金を支給します。
対象  市内に住所を有する大正15年4月1日以前生まれで昭和57年1月1日以前から外国人登録をし、国民年金を受給できない人
支給額  月額10,000円
支給の制限 生活保護を受けている人や公的年金を受給している人などの支給制限があります。 

 地域支援事業のサービス 

松原市の介護予防事業

松原市におきましても様々な介護予防事業を行っております。

・転倒予防教室
 足指やバランスを鍛える運動を行い、転倒骨折を予防し、運動機能の向上を図ります。 (10回で1クール 年4回実施)

・こころと体のはつらつ教室
 65歳以上で、教室まで自分で通うことのできる人を対象に、脳力トレーニング、音楽療法などに加え、軽い体操や簡単な作品を制作したりすることで、介護予防や認知症予防を図ります。(10回で1クール 年4回実施) 
・わくわく筋力トレーニング教室
 65歳以上の介護保険認定を受けていない人で、教室まで自分で通うことのできる人を対象に、運動指導員等のもと、筋力トレーニングマシンを用いて運動機能の向上を図ります。
※詳しい実施時期、申し込み方法につきましては広報に掲載いたします。

給食サービス事業

食事づくりが困難な高齢者等を対象に、週5回まで調理済みの昼食を配食し、同時に安否の確認も行います。
なお、利用には1食370円の実費負担(食材費及び調理費相当分)がかかります。

20170607-115747.xls [45KB xlsファイル] 

徘徊高齢者等家族支援事業

認知症などの症状により徘徊する高齢者を早期に発見し、徘徊高齢者の事故防止や家族の心理的負担の軽減を図ることを目的として、徘徊高齢者等位置検索用端末機の貸与事業を行います。
対象  徘徊する認知高齢者(要介護認定者)と同一世帯に属する人など                        

元希者(げんきもん)の集い

市内にお住まいの高齢者に、楽しいひとときを過ごしていただくため、毎年、芸能人による演芸を開催しています。

生きがいづくりのサービス

 福祉農園

土に親しみ、四季の野菜作りを通じて仲間づくりをし、充実した日々を過ごしていただくために、市内在住の60歳以上の人および身体障害者手帳、療育手帳等をお持ちの人に対して利用してもらうものです。

老人福祉センター

老人福祉センターは、60歳以上の高齢者に、健康で生きがいのある生活を送っていただくために、健康の増進、教養の向上をはかり、また自主的にレクリエーションなどを楽しんでいただくための施設です。

 施設名・電話番号

・つるかめ苑  Tel 072-336-0516
・天美荘    Tel 072-336-0517
・新町福寿苑  Tel 072-336-2417
・恵寿苑    Tel 072-336-2410
・高見苑    Tel 072-332-9850
・弁天苑    Tel 072-334-8399
・松南苑    Tel 072-334-8383
・松寿苑    Tel 072-332-6240

老人クラブ

 地域の高齢者が自主的に結成し、「生きがいと健康づくり」のために、健康増進・教養の向上・社会奉仕・仲間づくり等の活動を行っています。
おおむね60歳以上の人であれば加入することができます。

引きこもり対策活動

 老人クラブでは、おおむね60歳以上の寝たきり高齢者、一人暮らしの高齢者などを訪問し、地域社会との交流を深め老後の生きがいを高めるための活動を行っています。

敬老祝金

敬老と長寿を祝福するため、下記の年齢に該当する人に、敬老祝金を支給しています。
なお、平成22年度から市内専用の商品券(一律10,000円分)での支給となっています。
対象  9月1日現在において1年以上本市に居住し、9月15日現在で満77歳、満88歳、満99歳、満100歳以上の人

 金婚式

結婚後50年の夫婦を本市金婚式に招いて、記念品を贈り、その健康と長寿を祝福します。
対象  毎年10月1日現在で結婚後50年の夫婦(本市に1年以上在住している人)

問合せ 高齢介護課