退職者医療制度とは

退職者医療制度は、会社などを退職し、年金の受給を受けている65歳未満の方を主な対象とする制度です。制度に該当する方で、未届けの方は、届け出をお願いします。

 


対象となる方

1. 退職被保険者本人

 国保に加入している65歳未満の方であって、被用者年金(厚生年金・共済年金など)に原則として20年以上、または40歳以降に10年以上加入して老齢(退職)年金を受けている(受けることができる)方。

 なお、国民年金のみを受給されている方は、この制度の対象とはなりません。

 

2. 被扶養者(ご家族)

 国保に加入している65歳未満の方であって、退職被保険者本人と同じ世帯で、主として本人の収入により生計を維持している本人の配偶者(事実上婚姻関係の人を含む)および三親等内の親族をいいます。

 年間の収入が130万円(60歳以上の方や障害者は180万円)未満の方に限ります。

 


資格の取得と届け出

1. 退職被保険者本人

年金証書が届いてから14日以内に、保険証・加入期間のわかる年金証書または裁定(決定)通知書をお持ちになって、手続きしてください。

 

2. 被扶養者(ご家族)

上記の退職被保険者本人の被扶養者となった日から14日以内に、保険証をお持ちになって、手続きしてください。

 


保険証と保険料

退職者医療制度の対象となる方には、退職被保険者用の保険証が交付されます。
保険料の計算方法は一般の被保険者と同じです。

 


自己負担の割合

受診するときに病院などの窓口で支払う自己負担割合は、一般被保険者と同じです。
退職者医療制度の対象となる方の医療費は、被用者保険の拠出金と保険料で賄われています。

 

保険年金課

〒580-8501 松原市阿保1丁目1番1号
TEL:072-334-1550