新型インフルエンザに備えて 

新型インフルエンザとは

 毎年流行する季節性インフルエンザと異なり、新しいタイプのウイルスによって発生するインフルエンザのことです。特に、中国で、鳥からヒトへの感染が報告されている「鳥インフルエンザ」のウイルスが、ヒトからヒトへの感染力を持つことが懸念されています。
 新型インフルエンザが発生すれば、人類のほとんどが免疫を持っていないため、世界的な大流行(パンデミック)が起こる危険性があります。

 

新型インフルエンザの予防

◎ウィルスを体内に入れないことが最大の防御です。

  1. 外出から帰ったら手洗い・うがいの励行を!

  <手の正しい洗い方>
    流水で手をすすぐ

         ↓

    石けんをつけて15秒間以上、つめ先や指の間までよく洗う

         ↓

    石けんを洗い流す

         ↓

    清潔なタオルやペーパータオルでよく拭く ※速乾性の消毒用アルコールを用意しておくと便利です
 

 2.人混みや繁華街への外出は避けましょう!

 3.マスクを着用しましょう!

  周囲に咳・くしゃみの症状がある人がいたら、積極的にマスクの着用を勧めてください

  ※透過性の低い、不織布製のマスクで、できるなら使い捨てがよいでしょう

 4.体力、抵抗力を高めておきましょう!

 5.室内を乾燥させないようにしましょう!

  加湿器などを利用して適度な湿度(50%から60%)を保つようにしてください
 

新型インフルエンザへの準備(個人でできること)

 2週間は買い物なしで生活できるよう、食料や日用品の備蓄をする。

 ※新型インフルエンザが大流行すると、マスクなどの感染防御品や食料品などの不足が予想されます。

<備蓄例>
・水、食料品(缶詰やレトルト食品など調理が簡単で保存できるもの)、日用品
・常備薬(胃薬、傷薬、その他持病の処方薬)や家庭内治療用品(伴創膏、シート状冷却剤など)
・マスク(1人あたり20から25枚程度)、ゴム手袋、消毒薬(アルコール、漂白剤 [次亜塩素酸ナトリウム] など)
・ビニール袋(汚染されたゴミを密封して捨てる)



◆新型インフルエンザ情報(関連リンク)
厚生労働省 鳥インフルエンザA(H7N9)について

国立感染症研究所「感染症疫学センター」