新しい介護保険制度の実施にあたって重視された「地域包括ケア」。これは高齢者が住み慣れた地域で、尊厳あるその人らしい生活を続けていくために必要な仕組みのことをいいます。この「地域包括ケア」を支える中核的な機関として、地域包括支援センターがあります。

 市では、高齢者の総合相談窓口として、市内に地域包括支援センターを国道309号を境に東西に担当地区を分担し、2カ所設置しています。

平成28年4月より地域包括支援センター徳洲会は移転しました。

 地域包括支援センター徳洲会は、天美図書館・弁天苑北側(天美東7-103)に移転しました。なお、電話番号、FAX番号の変更はありません。

 【東側の圏域にお住まいの高齢者】
 「松原市地域包括支援センター社会福祉協議会
 〒580-0043 松原市阿保1-1-1 松原市役所 東別館1階
            電話:349-2112 FAX:335-1294
 
 【西側の圏域にお住まいの高齢者】
 「松原市地域包括支援センター徳洲会」 
 〒580-0032 松原市天美東7-103
            電話:334-3439 FAX:334-3454


 同センターでは、高齢者が介護の必要な状態とならないように、また、要介護状態になっても多様なサービスを適切な形で提供されるよう、利用者の実情に合わせ、きめ細かい対応を行います。
 高齢者の総合的な相談窓口、保健、福祉、医療そして地域住民と一体化した介護を進めるなど「地域包括支援センター」は大切な役割を担います。

 

地域包括支援センターが担う事業

総合相談支援・権利擁護事業

 高齢者の相談を受け、訪問などによる実態把握を通じて必要なサービスにつなぐとともに虐待の防止など高齢者の権利擁護を支援します。

包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

 高齢者に対して包括的なサービスが継続的に行われるよう、地域の社会資源を活用したケアマネジメント体制を構築します。  

介護予防ケアマネジメント事業

 要支援・要介護状態になるおそれのある65歳以上の人(特定高齢者)が要介護状態等となることを予防するため、効果的かつ効率的に介護予防事業が提供されるよう適切なマネジメントを行い、介護予防を支援します。

要支援1・要支援2の認定を受けた人

 要介護状等態区分の中で、「要支援1・要支援2」の認定を受けた人は、要支援状態の悪化を防ぎ、生活機能の改善をめざす介護保険の「介護予防サービス」が受けられます。サービス内容には、介護予防訪問介護(ホームヘルパー)や介護予防通所介護(デイサービス)などがあり、これらのサービスを希望される場合は、地域包括支援センターに介護予防ケアプランの作成を依頼して下さい。