出産育児一時金について

松原市の国民健康保険の被保険者が出産(妊娠4ヶ月を超える死産、流産を含む)したときは、被保険者の属する世帯の世帯主に対し、一時金が支給される制度です。産科医療補償制度に加入する病院などで出産した場合42万円(加入していない病院などの場合は40万4千円)が給付されます。ただし、出産時に被保険者であってもほかの健康保険等から出産育児一時金の支給が受けられる場合は支給されません。

 

 

 

出産育児一時金の支払方法について

これまでは出産にかかる費用を病院などに支払った後、被保険者から申請のうえで、市国保から出産育児一時金を後払いしていました。しかし手元に現金がなくても安心して出産できるようにするため、原則各医療保険者から直接医療機関などに出産育児一時金を支払う直接支払制度が行われています。

ただし、出産にかかった費用が出産育児一時金の支給額の範囲内であった場合には、その差額分は後日被保険者から市国保に請求することになります。

また支給額を超えた場合、超えた分については自己負担となります。

※ 直接支払制度を利用(希望)されない場合などは、従来どおり、被保険者から申請のうえで出産育児一時金を受け取ることも可能です。別途添付書類などが必要となります。詳しい手続き内容は保険係へお問い合わせ下さい。