ロタウイルスによる胃腸炎にご注意ください。

 

 ロタウイルスの感染によって起こる胃腸炎で、ウイルスのついた唾液や便を介して感染します。急な嘔吐や下痢から始まることが多く、初期に風邪のような症状がみられることもあります。水状の白っぽい下痢便が特徴で、嘔吐はほとんど1~2日でおさまりますが、下痢は1週間続くこともあります。

 脱水症を防ぐためには、イオン飲料水等で水分補給を少しずつ何度もすることが必要ですが、早めに医療機関を受診してください。

 日ごろからの予防としては、食事前やトイレの後などに、せっけんを使って十分手を洗うことです。感染予防のために、下痢の症状がなくなった後も、ウイルスの排出が続くと考えられますので、便や吐物を処理する際は使い捨てビニール手袋等を使用し、用便後や調理前の手洗いを徹底しましょう。