オオシロカラカサタケについて注意

   

最近、松原市内の児童遊園で発生しているのが確認されました。

 

名前:オオシロカラカサタケといいます。(毒があります)(ハラタケ科)
季節:春~秋
場所:公園の芝生や人工的な環境の草地に群生する。
特徴:直径5~25cm程で白色。カサの状態は球形から平らに開いてきます。ヒダは濁った幅が広く青緑色    を帯びオリーブ褐色に変色していきます。
毒性:毒キノコであるオオシロカラカサタケは、食べると悪寒、頭痛、嘔吐・腹痛など消化器系の中毒症状をおこします。食べると怖いキノコですが、触れたり、匂いを嗅ぐだけであれば問題はありません。
このようなキノコを見かけたら、みち・みどり整備室へご連絡ください。