A.光化学スモッグは、工場・事業所や自動車などから大気中に排出された、窒素酸化物などが原因となって発生し、大気中のオキシダント濃度が発生の目安となります。この大気中のオキシダント濃度などに応じて、予報、濃度が濃くなると注意報が大阪府によって発令されます。
 松原市を含む区域では、平成22年度には予報が9回、注意報が7回発令され、平成23年度には予報、注意報ともに2回ずつ発令されました。発令時には、市役所や学校といった公共施設などにのぼりを掲示して市民の皆さんにお知らせしています。光化学スモッグは晴天の暑い日が続く夏場に発生しやすいため、特にこれからの季節、予報や注意報が発令されているときは、屋外での運動は控えるなど注意が必要です。

問合せ 環境予防課