A.住宅火災で亡くなる人が急増していることを受け、火災による死者を低減するため消防法が改正され、住宅用火災警報器の設置が義務化されました。 

  • 平成18年6月1日以降に新築された住宅には、既に設置が義務つけられています。
  • 平成18年5月31日以前に建てられた住宅は、平成23年6月1日から義務化されました。

 大切な命を火災から守るため、できるだけ早期に設置していただくようお願いします。
 設置場所など詳しくは消防本部予防課までお問合せください。
 なお、消防署の署員が直接販売したり、販売を業者に委託することはありません。悪質な訪問販売にはご注意ください。

問合せ 消防本部予防課