個人番号カードおよび返戻された通知カードの受け取りに関する休日交付について

 

個人番号カードの交付について

 平成28年1月以降、個人番号カードの申請を行っていただいた方に個人番号カード交付のための「交付通知書(はがき)」を送付いたしております。お手元に届きましたら、市役所1階窓口課までお越しください。

※個人番号カードを受け取る際、電子証明書用等に暗証番号を設定していただきます(下記の電子証明書についてを参照)ので、お越しになる前にあらかじめ考えておいてください。

 

通知カードを受け取っていない方へ

 平成27年11月下旬より、10月5日時点に松原市内に住民票を有する市民の皆さまにマイナンバー(個人番号)をお知らせする通知カードを送付いたしております。また、平成27年10月5日以降にお生まれになったお子さまや、再発行のお手続きをしていただいた方の通知カードにつきましても、世帯主の方宛に送付いたしております。

 まだお手元に通知カードが届いていない方は、事前に窓口課にお問合せのうえ、市役所1階窓口課まで通知カードを受け取りに来ていただきますようお願いします。

 

※通知カードは下記の理由などにより市役所に返戻されます。

・郵便局に転送依頼をしている

・住民票と異なる場所に居住しており、住民票の住所には誰も住んでいない

・郵便局から不在通知書が入っていたが、再配達の依頼ができなかった

※休日交付日に通知カードの受け取りを希望される場合は、事前に市役所の開庁時間(平日の午前9時~午後5時30分)に窓口課までお問合せください。

※お受け取りいただけなかった通知カードに関しては、一定期間保管した後に破棄されます。その後、通知カードが必要な場合は再交付(有料)となり、郵送でお手元に届くまでに約1ヵ月程度かかりますので、予めご了承ください。

 

休日交付日

 市役所の開庁時間(平日の午前9時~午後5時30分)では受け取りに来れない方のため、下記のスケジュールにて休日交付を実施しますので、ご利用ください。

 

11 月 26 日(日)

午前 9 時 ~ 正午

 

※11月18日(土)の休日開庁日につきましては、個人番号カードおよび通知カードの受け取りに関する業務は実施しておりません。

※15歳未満の方の個人番号カードの交付の場合は、事前に市役所の開庁時間(平日の午前9時~午後5時30分)に窓口課までお問合せください。

※終了時刻間際に来庁された場合、混み具合により手続きが完了しない場合がありますので、時間に余裕を持って来庁していただきますようお願いします。

 

個人番号カード交付時に必要な持ち物

本人が来庁される場合

・交付通知書(はがき)

・本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち1点または、Bのうち2点

・マイナンバーの「通知カード」

※住民基本台帳カードをお持ちの方は個人番号カード交付時に返納となりますので、必ずご持参ください。

法定代理人が来庁される場合(事前に市役所の開庁時間に窓口課までお問合せください)

・上記「本人が来庁される場合」に必要なもの全て

・戸籍謄本や後見登記事項証明書等の資格を証明する書類(本人の本籍地が松原市である場合または、本人が15歳未満の者で法定代理人と同一世帯かつ親子関係にあることが住民票により確認できる場合は不要)

・法定代理人の本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち1点または、Bのうち2点

※本人の法定代理人に加え、必ず本人もお越しいただく必要がありますので、ご注意ください。

代理人が来庁される場合(事前に市役所の開庁時間に窓口課までお問合せください)

※本人が病気、身体の障害その他やむを得ない理由により、窓口にお越しになることが難しい場合に限り、代理人に個人番号カードの受け取りを委任できます。

・交付通知書(はがき)

・本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち2点または、AとBを1点ずつまたは、Bのうち写真付き1点以上を含む3点

・マイナンバーの「通知カード」

・代理人の本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち2点または、AとBを1点ずつ)

・委任の旨を証明する書類(委任状、交付通知書の「委任状」欄が記入されているもの等)

・出頭が困難であることを証明する書類(診断書、障害者手帳、施設等に入所している事実を証する書類等)

※住民基本台帳カードをお持ちの方は個人番号カード交付時に返納となりますので、必ずご持参ください。

 

通知カード交付時に必要な持ち物

本人または、同一世帯の方が来庁される場合

・本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち1点または、Bのうち2点

・認め印

法定代理人が来庁される場合

・本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち1点または、Bのうち2点

・戸籍謄本や後見登記事項証明書等の資格を証明する書類(本人の本籍地が松原市である場合または、本人が15歳未満の者で法定代理人と同一世帯かつ親子関係にあることが住民票により確認できる場合は不要)

・法定代理人の本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち1点または、Bのうち2点

・認め印

代理人が来庁される場合

・本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち1点または、Bのうち2点)

・代理人の本人確認書類(下記の本人確認書類Aのうち1または、Bのうち2

・委任状

・認め印

 

本人確認書類

A・・・運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、住民基本台帳カード(写真付き)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一般庇護許可書、仮滞在許可書等

B・・・健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証、介護保険証、生活保護受給者証等(ただし「氏名と生年月日」または「氏名と住所」が記載されたものに限る)

 

電子証明書について

署名用電子証明書・・・インターネットで電子文書を送信するとき等に、文書が改ざんされていないか等を確認することができる仕組みで、e-Taxの確定申告等、文書を伴う電子申請等に利用されます。6文字以上16文字以下の英数字(アルファベットのみや数字のみは不可)の暗証番号が必要となります。

利用者証明用電子証明書・・・利用者本人であることのみを証明する仕組みで、マイナポータルのログイン等の際に必要となります。数字4桁の暗証番号が必要となります。

※電子証明書の搭載を希望しない場合、電子証明書を搭載しないことも可能です。

 

問合せ

松原市役所 市民生活部 窓口課

・072-334-1550(松原市役所代表)