1.家族の助け合い


災害はいつ起こるかわかりません。そのときに家族が一緒にいるとも限りません。

災害時にどうすればよいか普段から家族で話し合い、決めておきましょう。

 

  • 家の中でどこが一番安全か、また、危険なところはどこか 家族会議している画像
  • 一時避難する所や避難する避難所は、どこか
  • 救急箱や消火器、非常持ち出し袋の置き場の確認
  • 避難するとき、だれが何を持ち出すか
  • 昼の場合、夜の場合の家族みんなの行動パターンをお互いに確認する
  • 離れた場所にある親戚の家や災害用伝言ダイヤルを災害時の連絡先に決めておく


 

2.住まいの備え


ふだんは安全でも大きな地震が起こったらどうなるかを考え、危険なところを確認して、家具の転倒防止などできそうなところから改善していきましょう。

 

  • 寝室や寝るところには、家具は置かないようにする。(家具等を置く場合は、金具などで転倒や落下しないようにしておく。)
  • 高いところにテレビなど重たいものを置かない。
  • 建物の外壁やかわら等の落下、塀の転倒などが起きないよう、補強しておく。 家具転倒防止画像

日常心がけておくこととしては

 

  • いざという時のために、ガスの元栓、電気のブレーカーなどの位置を確認しておく
  • 誰にでもすぐわかる場所に消火器やバケツを備えておく
  • 浴槽などには常に水をためておく
  • ガス器具やストーブのまわりはきちんと整理し、燃えやすいものを置かない


大阪ガスのホームページへリンク

関西電力のホームページへリンク

 

3.非常持ち出し袋の用意


家族構成にあわせ、食料や救急用品など最低限必要なものを用意して、リュックなどに入れ、いつでも持ち出せる場所に置いておきましょう。被災してまず必要となるのは食料と水です。一人1週間分を目安に準備しましょう。

 

  • 飲料水、食料(非常食など特別なものでなくても、日持ちがするものであれば大丈夫です。)
  • 貴重品(現金、通帳、印鑑)
  • 懐中電灯、携帯ラジオ、衣類、下着、ライター、ろうそく、マスク、手袋
  • 救急セット、歯磨きセット、タオルなど

赤ちゃんやお年寄り、障害のある方がいる家庭では、備蓄品の画像

ミルクやほ乳ビン、おむつ、常備薬、看護・介護用品など

それぞれ必要なものを用意しておきましょう。

 

 

消防本部警防課へリンク
 

お問い合せ先

松原市市長公室危機管理課
〒580-8501 大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)