自宅で使用する注射針や透析ビニールパックなどの医療廃棄物は、社会の高齢化や在宅医療を推進する国の施策などの社会的背景を受け、今後さらに増加していくものと考えられます。
 これらの医療廃棄物のゴミ出しや収集の際に、人の手に注射針が突き刺さるなど市民の皆様や収集職員が事故にあう事例が増えています。

 医師や看護師等が、訪問して行う訪問診療または訪問看護などにより発生した医療廃棄物は、医療関係者が持ち帰りますが、医師等の訪問を伴わず医師の指導管理に基づき、患者等が自ら医療行為を行う在宅医療により発生した医療廃棄物(例えば、インスリン自己注射針、血糖測定器の採血針、痰吸引チューブ、腹膜透析パックや点滴セット)については、各自で処分する必要があるため松原市では、事故防止の観点から、この医療系廃棄物を「危険性の低いものと」 「 危険性の高いもの」とに分けて、以下のように取り扱うこととしています。

危険性の低いもの(排出を開始される前に必ず環境業務課までご連絡ください)紙おむつ

 衛生的観点から、可燃(焼却処理)ごみとして収集します。
 紙おむつ、ガーゼ、脱脂綿、腹膜透析パック、痰吸引チューブ、その他ビニールパック類です。
 汚物・残液などを水洗いして、小さくたたんで、紙袋に入れるか新聞紙などで覆い、透明のビニール袋に入れ、それを大きな透明のビニール袋に入れ、二重袋にして、可燃ごみとして出してください(必ず事前に環境業務課へご相談ください)。
 

危険性の比較的高いもの(市では、収集しません)注射器

 血液等が付着した鋭利なもの(注射針・メス・ペン型注射器の針)
 購入された医療機関や薬局などのルートを通じて、処分をしてください。
 不明な点があれば、受診中の医療機関や薬局にご相談ください。


以上 ご理解のうえ、市民のみなさまのご協力をお願いします。
 

 

【イラスト出典 : (c)フリーメディカルイラスト図鑑、公益財団法人 日本容器包装リサイクル協会】