市役所や社会保険事務所の職員をかたる還付金詐欺が再び増加しています!


 せかしながら、スーパーやコンビニのATMへと誘導する手口です。

    市役所や社会保険事務所の職員をかたり、医療費や社会保険料などの還付金手続きのためにATMへ誘導する手口、いわゆる『還付金詐欺』。松原市内でも事案が発生しています。

  見守り新鮮情報 第163号.pdf [206KB pdfファイル] 

 

主な相談事例

●「1時間以内に手続きが必要」とせかされた。

    市役所や社会保険事務所の職員をかたり、「医療費の還付金がある、1時間以内に手続きが必要だ。指示する連絡先に電話するように」と言われ電話したところ、通帳とキャッシュカードを持って金融機関でないところのATMに行くように言われた。

●「医療費を還付する」とATMへ誘導された。

 「医療還付金がある」と市役所や社会保険事務所の職員をかたる男性から電話があった。社会保険事務局に電話するように言われ、電話をかけたところATMへ誘導され、お金を振り込むように指示された。

●スーパーのATMに携帯電話を持っていくように誘導された。

 突然電話で「市役所の者だが、還付金があるため、以前書類を送ったのに返信がない。期限がきているが、本日の夕方までなら手続きができるため、社会保険事務局に電話をしてほしい」と言われた。電話をかけたところ、口座番号を聞かれ、振り込むため近くのスーパーのATMに携帯を持っていくように言われた。銀行が近くにあるのに変だと思い、家族に通帳確認をしてもらいに行ったところ、振り込まれていなかった。引き落としもされていないが心配。

 

 主な特徴と問題点

●全国各地で発生しているが、ある時期に特定の市内に集中する場合が多い。

●「1時間以内」「本日中」など急がせて、冷静に考える余裕を与えない。

●金融機関では、携帯電話をかけながら操作している高齢者などに対して声かけを行ったり、携帯電話の通話禁止などの措置をとるなど、振り込め詐欺撲滅対策が進んでいるため、金融機関以外のATMへ誘導する。

 

トラブルを防ぐために、ご注意ください

●全国各地で発生しているため、「自分の地域は大丈夫」と思わずに注意が必要です。

●市役所や社会保険事務所の職員がATMの操作を行うように、連絡や指示する事は絶対にありません。

●不審に感じたら、すぐに警察や消費生活センターへご相談ください。

 

松原市消費生活センター

電話 : 072-337-3080

場所 : 松原市役所6階(産業振興課内)

相談時間 : 午前10時から12時、午後1時から4時まで (土・日・祝日を除く)