3月11日(日)、松原市防災総合訓練の会場訓練として、地震による水道管破損・断水を想定し、水道管復旧訓練・応急給水訓練を実施しました。

 

◎水道管復旧訓練のようす

 

  水道管から水が噴き出したため、災害時応急対策協定を締結している松原市工事業協同組合職員が現場へ駆けつけ、漏水修理を行っています。なお、水道管は通常、地中に埋まっていますが、今回は修理している状況を確認できるよう地表に露出させています。

 

◎応急給水訓練のようす

 

 災害時相互応援協定を締結している大阪市、堺市に応援要請を行ない、給水車による給水応援活動を実施しました。非常用給水袋を使い応急給水を実施しています。

 

◎展示ブースのようす

 

 啓発活動の一環として、1人が1日に必要な量とされる水道水(3リットル)の入った応急給水袋を実際に背負い、体験していただくことで具体的な給水活動をイメージしていただきました。