平成27年2月1日に、松原市は市制施行60周年を迎えました。

 それを記念して、大阪芸術大学と協定のもと、記念映画を制作しました。

 監督・脚本は、「ゴジラVSキングギドラ」「ゴジラVSビオランテ」など数々の映画を手がける大森一樹氏。

 主演の2人は、市内在住・在職の方を対象に公募し、オーディションを見事勝ち抜いた男女です。

 その他、大阪芸術大学スタッフ、松原市民の皆さん、ダンス・バトングループなど、たくさんの方の御協力や思いが、ぎゅっと詰まった内容になっています。

 

 

企画:秘書広報課  制作:大阪芸術大学

  
市PRアニメーション「まつばらくん」 

こちらも市制施行60周年を記念して製作した市PRアニメーション。良い意味で「ゆる~~~い」内容となっています。

詳細は、こちら!