戸籍の届出

手続き

届出の種類
      届出の期間
      届出に必要なもの
 

出生届

      出生の日を含め14日以内  

  • 印鑑(生まれた子の親の印鑑) 
  • 出生証明書 
  • 母子健康手帳 
  • 国民健康保険証(加入者のみ)

死亡届

      死亡の事実を知った日から7日以内  

  • 印鑑 
  • 死亡診断書 
  • 国民健康保険証
  • 年金手帳(加入者のみ) 
  • 老人医療証(受給者のみ)  

婚姻届

      届出の日から効力を生じる  

  • 夫婦それぞれの印鑑(旧姓印) 
  • 婚姻届出書  (成人の証人2人の署名、押印が必要。未成年者は父母の同意が必要)
  • 戸籍謄本または戸籍全部事項証明書  (届出地が本籍地でない場合に必要)
  • 国民健康保険証
  • 年金手帳(加入者のみ)
  • 本人を確認できる証明書(運転免許証など)

 

  • 出生届の用紙は、出産された産院でもらえます。  
  • 戸籍に関する届出には、このほかに離婚、転籍、入籍などがあります。事前にお問い合わせください。  
  • 認知届出、婚姻届出、協議離婚届出、養子縁組届出、養子離縁届出を出す場合に、届出人の本人確認を実施しています。届出をするときには、届出人の本人確認ができる運転免許証など公的機関が発行した写真付の身分証明書等を持参してください。

届出人の本人確認方法はこちら
  なお、本人確認ができる書類をお持ちでないときも戸籍の届出はできます。この場合、後日本人確認できなかった届出書に記載された本人に、受理した旨の通知を現住所へ郵送することで確認します。ご協力お願いします。

 

 

証明書の交付

 

戸籍(除籍)謄本または戸籍(除籍)全部事項証明

     戸籍原本の内容をそのまま謄写したもので、全員の事項が証明されます。

戸籍(除籍)抄本または戸籍(除籍)個人事項証明

     戸籍原本の一部を抜き書き(抄写)したもので、一部の者の事項が証明されます。

改製原戸籍謄本・抄本

     戸籍制度の改正にともない作り替えられる前の戸籍で、戸主制度廃止に伴い昭和33年法務省令により改製した昭和改製原戸籍及び戸籍のコンピュータ化に伴い平成6年法務省令により改製した平成改製原戸です。

戸籍の附票の写し

     戸籍に記載されている人の住所の異動経過の記録を写したものです。

 


戸籍の原本は本籍地の市区町村役場で保存されていますので、松原市が本籍地の方のみ、戸籍(除籍)謄・抄本等を窓口へ直接、または郵便で交付請求することができます。  請求できるのは、原則、本人、配偶者、直系親族の方に限ります。代理の方は委任状が必要です。窓口で請求者の本人確認をさせていただきますので有効な運転免許証など公的機関が発行した写真付の身分証明書等をご持参ください。 (届出人の本人確認方法はこちら

 


請求書のダウンロードはこちら

 

戸籍等の郵便請求

本人が窓口に来られない場合は、

  1. 請求者の住所、氏名、連絡先の電話番号(携帯可)、生年月日、使用目的、本籍地、筆頭者氏名及び生年月日、戸籍抄本の場合は必要な方の氏名を書いた請求書(本人、配偶者、直系親族に限る。代理人の場合は委任状が必要) 
  2. 手数料(郵便局の定額小為替)(手数料はこちら
  3. 郵便番号、住所、氏名を記入し切手を貼った返信用封筒 
  4. 公的機関が発行した身分証明書(現住所が確認できるもの)の写し

以上を同封して下記市役所宛に請求して下さい。

 

 請求者の住所地にのみ返信が可能ですのでご注意ください。


〒580-8501(住所の記入は不要です。松原市役所専用の郵便番号です。)
松原市役所 窓口課 市民係

 

 

詳しくは窓口課までお問い合わせください。
072-334-1550(代表)
市民係 内線 2102/2105
戸籍係 内線 2103/2104