平成28年度 福祉・介護職員処遇改善(特別)加算について

平成28年度福祉・介護職員処遇改善(特別)加算の実績報告書の提出についてお知らせします。

 処遇改善加算の算定を行っている事業者等は、各事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の末日までに、実績報告書を提出することとなっております。 

 平成28年度(平成28年4月から平成29年3月までのサービス提供分)に当該加算の算定を行った事業者等は平成29年7月31日までに下記のとおり実績報告書を提出してください。
 

提出方法

郵送による受付

提出先

〒580-8501(※松原市役所専用郵便番号ですので住所は不要です。)

松原市福祉部福祉指導課 指導係 担当あて

※封筒の表に「福祉・介護職員処遇改善実績報告書在中」と記載してください。

提出期限

平成29年7月31日 当日消印有効

報告様式(平成28年度実績報告書)

※今年度より様式を変更していますので、前年度の様式は利用しないようご注意ください。

(1) 福祉・介護職員処遇改善加算実績報告書(平成28年度)

福祉・介護職員処遇改善実績報告書 別紙様式3 [35KB docxファイル] 

福祉・介護職員処遇改善実績報告書(指定権者内事業所一覧) 別紙様式3(添付書類1) [293KB docファイル] 
※複数の障害福祉サービス事業所について一括して計画している場合は添付すること。

福祉・介護職員処遇改善実績報告書(府内状況一覧表) 別紙様式3(添付書類2) [119KB docファイル] 
※府内他市町村にまたがる場合は添付すること。

福祉・介護職員処遇改善実績報告書(都道府県状況一覧表) 別紙様式3(添付書類3) [180KB docファイル] 
※他府県にまたがる場合は添付すること。

 

(2)賃金改善に要した額の積算根拠となる資料

賃金支給額内訳書(参考様式1) [21KB xlsxファイル] 

賃金支給総額一覧(参考様式2) [25KB xlsxファイル]  


<参考>

 Q) (略)この計画は、事業年度を超えて作成することはできないと解してよろしいか。
 A) (略)福祉・介護職員処遇改善計画は収入額・支出額等を各年度、見直しをする必要があるため、各年毎に作成することが必要である。(平成24年8月31日付け 平成24年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A問17)

 Q) 実績報告で賃金改善額が加算額を下回った場合は、これまでの助成金と同様、返還する必要があるのか。
 A) 加算の算定要件は、賃金改善額が加算による収入額を上回ることであり、加算による収入額を下回ることは想定されないが、仮に加算による収入額を下回った場合は、一時金や賞与として支給されることが望ましい。なお、悪質の事例については、加算の算定要件を満たしていない不正請求として全額返還となる。(平成24年8月31日付け 平成24年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A問19)

 Q) 期限までに実績報告が行われない場合は、実施期間中の当該加算は全額返還となるのか。
 A) 加算の算定要件で実績報告を行うこととしており、指定権者が実績報告の提出を求める等の指導を行っているにも関わらず、実績報告の提出を行わない場合は、加算の算定要件を満たしていない不正請求として全額返還となる。(平成24年8月31日付け 平成24年度介護報酬改定に関するQ&A問20)

 Q) 賃金改善実施期間は、加算の算定月数より短くすることは可能か。
 A) 加算の算定月数と同じ月数にすること。(平成24年8月31日付け 平成24年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A問31-3)

 

 窓口

松原市役所 福祉部 福祉指導課

 電話番号 072-334-1550